北海道網走桂陽高等学校


 

郵便番号
093-0084

所在地
北海道網走市向陽ヶ丘6丁目2番1号

電話番号
0152-43-2930

ファクシミリ
 0152-43-3087

E-mail 
abashirikeiyo-z0@hokkaido-c.ed.jp

 

入試情報Q&A

Q1;部活動にどんなものがありますか?
      A1;本校の体育系・文化系・局の部活動は、学校案内にあるとおりです。
Q2;部活動の練習内容は?
      A2;運動部の練習内容は、各部、アップから始まり、体力づくり、基礎・基本練習、応用
     練習、ゲーム練習など様々です。部によっては、大会前、毎週のように他校との練
     習試合で強化も図っています。詳しくは、オープンハイスクールのときに、部活動見
     学の時間を設けてありますので、その時に見てはいかがでしょうか。
Q3;体育系の部活は何が強いですか。
   A3;特に、ボート部、陸上競技部は毎年全道大会に出場する常連校です。他、活発に
      活動している部活動も多く、熱心に練習に励んでいます。
Q4;部活動の時間はどれくらいですか。
       A4;時間帯は、各部活動によっても様々ですが、平日は午後7時まで、休業日は朝9時
      ごろから夕方5時ごろまで活動している部活もあります。部活動によって、時間帯は
      異なります。
Q5;学科が異なっても部活動は一緒にできるのですか。
   A5;学科が異なっても部活動は一緒に行います。
Q6;部活動に参加しなければ、何時位に帰れますか。
   A6;本校の放課の時間は、午後3時15分です。そのあと、清掃活動等がありますので、
      部活動に加入していない生徒は、午後3時30分ごろ下校することが可能です。
Q7;水泳授業はありますか。
   A7;夏場、7月下旬、8月下旬に体育で水泳授業を2時間、3日間程度行っています。
Q8;冬の(体育の)授業は何をやっているのですか。
   A8;冬場、1月・2月は、網走レイクビュースキー場でスキー授業を行っています。1日6
      時間体育の時間で、合計3日間行われます。上達レベルに合わせて、授業は展開し
      ています。
Q9;桂陽高校の行事はどんなものがありますか。
   A9;本校の行事の詳細は、学校案内にあります。宿泊研修、見学旅行、桂陽祭、体育祭
     (運動会)など様々な行事を行っています。
Q10;「運動会」では、どんなことをするのですか。
   A10;今年度の体育祭(運動会)ではバレーボール・ソフトボール・ドッジボールなどの球
      技種目、綱引きや代表リレーなどの種目を行いました。
Q11;マラソン大会は何キロくらいあるのですか。
   A11;マラソン大会は、男子12kmぐらい、女子11kmぐらい走ります。男子の速い生徒
      ですと、40分ほどで帰ってくる生徒もいます。
Q12;修学旅行はどこに行くのですか。
   A12;行程は年度によって若干異なります。また、修学旅行は、宿泊研修と見学旅行を
       合わせたものを指します。
          今年度の宿泊研修は1年次4月に行い、足寄のネイパル足寄で2泊3日の日程で     
       研修を行いました。
          今年度の見学旅行は2年次10月に4泊5日の日程で、関西・関東方面に出かけま
       した。関西は、奈良・京都を中心に古都の歴史や文化に触れる機会が満載です。
       関東は、東京ディズニーリゾートや都内自主研修など日本の経済の中心地を見て
       回ります。
Q13;何か生き物は飼育していますか。
   A13;小学校や中学校の学級飼育のように、生きものの飼育は行っていませんが、実験
       材料として数種類の微生物(ボルボックス、ミドリムシなど)を培養しています
Q14;「売店」はありますか。
   A14;売店はあります。昼休みの時間帯、外部の業者が来校し、パンの販売を行ってい
       ます。日によっては、パンが売り切れることもありますので、昼食は、持参するのが
       望ましいでしょう。また、生徒ホールには、自動販売機が設置してあり、飲料水の
       販売も行っています。
Q15;具体的な「校則」を教えてください。
   A15;高等学校ですので、細かい校則はありますが、具体的な校則を挙げると大変です
       ので省略しますが、高校生らしい服装・身だしなみ・態度など一般的に考えられる
       ことばかりです。
Q16;授業時間は何分ですか。
   A16;現在の授業時間は50分です。あくまでも高等学校は義務教育ではありませんの
       で、どの高校に進学しても一生懸命、学習に取り組まなければなりません。いかに
       授業を大切にできるかが重要になるでしょう。
Q17;(バイク・自動車の)免許は取得していいのですか。
   A17;バイクの免許は、遠方の生徒で通学に困難をきたす生徒については、特別に許可
       をして免許を取得させるケースがありますが、多くの場合は許可をしていません。
          自動車の免許は、3年生になって進路が決定した生徒を対象に、許可を出して取
       得させています。いずれも、保護者の方に来校していただき、面談を実施して許可
       を出しています。無断での取得は厳禁です。
Q18;学科によって卒業後の進路は違いますか。 違うとすれば、どのくらい違うのですか。
   A18;大まかに言うと、本校の進路先は、60~70%が進学(大学・短大・専門等)で、就
       職が30~40%です。学科によって、大きくは変わりませんが、学科間で3年間で学
       習する科目の違いがあり、出願する学校によって出願条件が違いますので、学習
       した科目によっては希望進路が制限される場合もあります。また、商業科・事務情
       報科においては、専門的な資格を取得する生徒もおります。上位の資格を取得す
       る生徒は、就職や進学に有利に働くことは間違いありません。
Q19;「商業科」では、どんなこと(授業)をしていますか。
   A19;詳細は、学校案内の商業科・事務情報科のカリキュラムを見てください。商業科で
       すので、簿記や会計といった科目や2年次・3年次には原価計算、プログラミングと
       いった専門的な科目も学習します。また、本校の特色としては「地域ビジネス」と
       いった科目もあり、オホーツク圏域についての自然科学や文化などの学習も含め
       観光・起業に関する学習をしています。
Q20;倍率は毎年どれくらいですか。
   A20;各年によって様々ですが、ここ数年普通科は1.0倍前後の倍率です。商業科につ
       いても、ここ数年は1.0倍前後の倍率です。商業科は、昨年度は1.1倍、事務情報   
       科は1.0倍を超えましたが、過去、事務情報科で1.6倍と高い年度もありました。
Q21;なぜ「普通科」には推薦入試制度が無いのですか。
   A21;普通科の推薦入試制度は、平成23年度の入学者選抜から実施しています。詳細
       は、オープンハイスクールのとき、または来年度受検要項で確認してください。推
       薦ですので、本校で入学したいという明確な意思がなければ、厳しいものになるで
       しょう。

 

各種証明書の発行について

卒業生の皆様に対する各種証明書発行に関する情報、書類PDFファイルはこちらからご覧になれます。
下のリンクをクリックしてください。
  こちらをクリック
(「事務室」のページへ移動します。)
 

カウンタ

COUNTER105097